1. HOME
  2. インタビュー
  3. といろの保育に出会い、保育士って素敵!その気持ちは日々大きくなっています。こんなお仕事につけ、幸せだなと思います。

園長
美しが丘園
行本 希実

といろの保育に出会い、保育士って素敵!その気持ちは日々大きくなっています。こんなお仕事につけ、幸せだなと思います。

保育士になろうと思ったきっかけは?
幼い頃からの夢でした。自分自身が幼稚園に通っている時に担任の先生に憧れて。
まだ作文が書けない年齢の時に企業のイベントで将来の夢という題の作文を私の母の代筆で投稿。
その作文にも将来の夢は保育士さん!
と書かれています。
夢を叶え、幼稚園勤務を経て、幼稚園に入る前の子どもたちにも関わってみたいという想いが芽生え、保育園に転職しました。
保育園の求人が多い中で、といろきっず(十色舎)に入社した理由を教えてください
自分自身の保育や保育観、これからの自分のやりたい、大切にしたい保育が出来る職場は?などと悩んでいた時に、保育士の友だちが理想の園がある!とといろきっずを教えてくれたのが始まりです。
ホームページを見て、
十人十育・子どもの個性を尊ぶ保育・一つひとつ丁寧に寄り添う保育
これがまさに悩んでいた事への答えに見えて。
ホームページを見て迷う事なく、すぐに電話しました。実際に園を見学し、すぐに面接を希望し...。それまで散々悩んでいたのにといろきっずのホームページを見てからの行動は早かったです。笑
といろきっずはどんな保育園ですか?
ゆったりほんわか暖かい保育園です。
温かいという字より、暖かい=ぬくぬく、ほかほか。こちらの字がぴったりくるような保育園です。
そして子ども一人ひとりが主人公!誰ひとり主役でない子はいないんです。
毎日子どもの人数分の様々なストーリーが繰り広げられていて、子どものキラキラした表情や笑顔が溢れています。
時には笑い泣き、泣き笑い。
常に全力、全面で気持ちを出してきてくれる子どもたちと共に大人も自然と笑顔に。といろきっずで過ごす皆が活き活きと過ごしています。
園長として、どのようなことを大切にされていますか?
人との繋がり、絆です。
保育というお仕事は全て人で成り立っていますよね。そこにはそれぞれに思いや気持ちがある。その全ての気持ち一つひとつを大切にしたいと思っています。
保育を行ううえでも、自分の意見をおしつけるのではなく、それぞれの色々な考えをしっかり受け止めていきたいと思っています。
それは子どもに対しても同じです。
どんなに小さな子でも、まだ言葉が喋れなくても、人として尊び、一人ひとりの気持ちに寄り添う。子どもの気持ちを大切にする事で私自身も日々たくさんの学びをもらっています。子どもって本当にすごいな、と思います。
就職活動をしている保育士さんや学生へアドバイスをお願いします。
保育士って素敵なお仕事ですよね。と声を大にして言いたいです。でもこう言えるのも今だから。
私自身も保育について悩み、自分のしたい仕事って保育士なのかな?と思った時もあり、違う職業についた時もありました。
でも久しぶりに見た現場の雰囲気に「やっぱりいいな」そう感じ、その気持ちが忘れられずに保育士に復帰。
復帰当初は不安もありましたが、やっぱり楽しい!私がしたい仕事はこれだ!復帰後、そんな気持ちが大きくなりました。
出来るならずっと続けたい。ならば自分の考えにあう保育が出来る職場を...。
そう思った時に出会ったといろきっず。
といろの保育に出会い、保育士って素敵!その気持ちは日々大きくなっています。こんなお仕事につけ、幸せだなと思います。
多種多様になってきている保育士という職業。
選ぶ選択肢が増え、それに伴い悩みも増えますよね。
是非、自分自身の目で心で保育園を見て、自分に合う保育園を探してくださいね。
保育士の皆さんが素敵な保育に出会い、保育というお仕事の魅力をたくさん感じ、子どもと共に楽しい毎日が過ごせますように。