1. HOME
  2. インタビュー
  3. 〝その子にとって〟を考えながら、子ども一人ひとりの気持ちに寄り添い、丁寧に応答的にかかわる事を大切している保育園です。

園長
青葉台園
住友 亜由美

〝その子にとって〟を考えながら、子ども一人ひとりの気持ちに寄り添い、丁寧に応答的にかかわる事を大切している保育園です。

保育士になろうと思ったきっかけは?
無邪気で素直で、色んな表情を見せる子どもたちが大好きです。そんな子どもたちの成長を見守れるお仕事に魅力を感じ、保育士になりたいと思いました。
保育園の求人が多い中で、といろきっず(十色舎)に入社した理由を教えてください
小規模保育園ならではの、子ども一人ひとりの発達に合わせたかかわりや環境作りを大切にしながらも、『その子らしさ』に寄り添って受け止めていく(乳幼児期の育ちを丁寧に支える)ことを大切にしている。そして、家庭的でゆったりと安心した気持ちで、子ども達が過ごせる雰囲気を大切にしている所。
といろきっずはどんな保育園ですか?
〝その子にとって〟を考えながら、子ども一人ひとりの気持ちに寄り添い、丁寧に応答的にかかわる事を大切していまする保育園です。
乳幼児期は、様々な経験を通じて、色々な力を身に付けていくとても大切な時期ですので、0〜2歳児が一緒に過ごせる豊かな関わり合いの中で、いつでもみんなが自分らしくいられる“第2のおうち”の様な居心地の良い保育園でありたいと思っています。
園長として、どのようなことを大切にされていますか?
保育は、みんなで作り上げていくもので、保育士の人間関係も子どもたちにとっては保育環境の一部です。常に子どもたちが安心できる温かい雰囲気作りを大切にしています‼︎
就職活動をしている保育士さんや学生へアドバイスをお願いします。
可愛い子どもたちに囲まれ、日々様々な喜びや感動をもらえる素晴らしいお仕事です。保育士のお仕事は大変なこともありますが、子どもたちの成長をそばで見守り共に楽しみ、そして自分自身も成長することのできる本当にやりがいのあるお仕事だと思います‼︎