職場紹介

0〜2歳児に専門特化
一人ひとりに丁寧に寄り添う
小規模保育

といろきっず保育園

(中山園・田奈園・青葉台園・美しが丘園・たまプラーザ園)

月齢差や個人差の大きい0〜2歳児が対象の小集団保育(定員19名まで)を行う認可小規模保育園。
一人ひとりの個性を尊ぶ「十人十育」を保育理念に、横浜市青葉区・緑区内で5園運営しています。

小規模保育って?

平成27年度の子ども・子育て支援新制度の開始とともに認可事業としてスタートしたまだ歴史の浅い保育園のかたちです。0~2歳児(学年)までを対象に、定員19名までの小さな施設規模で運営が可能なため、特に保育所用地が確保しにくい都市部における待機児童解消が期待されてできた制度です。

保育園を親が働くために子どもを預ける場所と考えれば、「2歳までしか通えない」「園庭がない?」「認可保育所に入れなかったときに仕方なく保活先として考える場所」といった、これまでの保育所のイメージと比べてどこか不完全な保育園であるように見られがちです。しかしながら、子どもの発達、育ちの過程の面で、人間としての土台が形成される3歳未満児期に大切な一つひとつの丁寧な保育の営みを実現しやすい意義についてはあまり知られていません。

赤ちゃんから1歳、2歳へと進むこの時期の発達は月齢差や個人差が大きく、保育園という集団生活の中で、一人ひとり丁寧に、応答的に、そして、個別の配慮を大切にしながら保育を展開することは実はとっても難しいことであり、でも保育者は皆、それが一番望ましいと考えながらも葛藤を抱えてきた部分でもあります。当たり前ながら、親御さんも、我が子のことを、みんなの中の一人ではなく、その子本人のためのことを一番に考える保育を願っているはずです。

私たちが運営するといろきっず保育園では、待機児童問題、働きながらの子育てなど大人の都合や事情を子どもに付き合わさせざるを得ない世の中でも、常に子どもたちを主体に、さらにもう一歩踏み込んで言えば「その一人の子ども主体」を考え抜いて作り上げる環境、保育のあり方を模索し続けています。それが、保育園の第一義である、子どもの最善の利益そのものに通ずると信じているからです。

子ども一人ひとりの気持ちや個性に寄り添える保育を

といろきっずでは園児一人ひとりが中心。子どもたちが将来、自分らしく幸せに生きていく力の基礎(非認知能力の根っこ)を育めるよう、乳児、1〜3歳未満児の発達において特に大切な「愛着形成」「自己肯定感」「模倣力」「自我の芽生え」「表現」「身体・健康」「食のはじまり」に、一つひとつ丁寧に寄り添う保育を大切にしています。

応答的で個別的なまなざしと関わり

「見ててね!」「先生、これ!」好奇心旺盛な子どもたちは、日々たくさんの発見をし、私たち保育者や大人に教えようとしてくれます。その一つひとつに丁寧に応答し、驚いたり、共感したり、子どもの心の動きをすぐそばで大切に尊重することが、将来その子が自分らしくいきいきと、積極的に人生を楽しんでいけるための「自己肯定感」の基礎になります。人としての土台を育む3歳までの子どもの「心」「気持ち」に寄り添い、一つひとつの発信を見逃さず、丁寧に関わることを大切にしています。

全員保育で「その子らしさ」に寄り添う

といろきっず保育園では、すべての保育者がどの園児とも、決まりなく関わります。クラス担任制の方が効率的な保育運営がしやすい利点はありますが、子どもの理解や見立ての幅が担任の先生の保育観や経験則に限定されてしまう場合もあります。良い保育、子どもの最善の利益を図る環境づくりは、子どもの理解から始まるため、ベテラン・若手といった経験や、保育士・調理員・事務員といった職種の枠を越えて、園のすべての保育者が園児一人ひとりを理解し関わることで多面的な見立てにつなげています。

大人が子どものペースに合わせる

「2歳ならこれくらいできるはず」「食の進みが遅いからもっと食べさせなきゃ」そういった、大人の見方を押し付けたり、他の子と比べたりするのではなく、その子がどうなのか?から保育の道筋を立てていきます。決して無理強いをしません。むやみに「ダメ!」と禁止して大人の言うことを聞かせる・顔色を見させる統制ではなく、まず子どもの行為を先読みし私たち大人が危険を環境から取り除いていく。叱る・おこる・しつけるではなく、丁寧に「伝える」姿勢で取り組んでいます。

園のホームページでは、日々の様子や保護者の声、各園の施設情報などご紹介しています。ぜひご覧ください。

といろきっず保育園HP